ふるさと納税ならお得に納税することが可能

色々得するシステムです

果物

都心部と地方では年々税収に格差が生じていたため、自治体が問題点を改善すべく導入されたのがふるさと納税という制度になります。この制度は納税という言葉を使っていますが、自治体に寄付することが実際のスタイルなのです。税収入を上げると共に、自治体の知名度を向上させるという役割も果たしています。

上限額が決まっている

風景

ふるさと納税は実質自己負担額2000円で税金の控除が受けられるものです。納税先の自治体から多くの場合返礼品が送られてきます。納税できる額はその人の所得等により上限があります。上限額は簡単に調べられますので上限額を知った上でふるさと納税をしましょう。

節税しつつ豊かに暮らそう

食材

ふるさと納税は自分の好きな全国の自治体に納税し、返礼品が貰えます。納税額は住民税から引くことができるので、節税効果は高いです。お米や海産物などの人気の返礼品を貰うのはとても楽しいです。ネットで調べれば、返礼品ややり方も簡単にわかります。

検索サイトを活用しよう

食品

様々なサイトを見る

ふるさと納税をどの自治体にするのかを選定するのは初心者の方ほど悩む点だと思います。全国には約1700もの自治体があり、さらに多い自治体では約600もの返礼品が掲載されています。その中から自分の気に入ったもの、お得な返礼品を自力で調べるのは至難の業です。そんな時はふるさと納税上級者の方のブログを参照しましょう。インターネットで「ふるさと納税ブログ」と検索すれば様々な方のブログが出てきます。中にはたくさんの自治体にふるさと納税をし返礼品の中身やレシピ、自治体の対応まで掲載されているものもあります。そういったブログを参考にし、寄付をする自治体や返礼品を決めるとほぼ間違いありません。また、同じ自治体でも複数のポータルサイトを運営している場合もあります。人気の自治体はほぼ複数のポータルサイトを運営しております。同一の自治体においてはポータルサイトによって返礼率等が変わる事はほとんどありませんが、中にはポイントが付いたりそのポータルサイトでしか募集をしていない返礼品なんかもありますのでご自身に合ったポータルサイトを利用すると良いでしょう。ふるさと納税のポータルサイトには大抵返礼品ランキングや、自治体ランキング等が掲載されていますので、そちらも参考にすると良いでしょう。どの自治体、返礼品を選んでも損をするという事はありませんが、折角ふるさと納税をするのなら以上の事を参考にして少しでも得をしましょう。