ふるさと納税ならお得に納税することが可能

上限額が決まっている

風景

控除額は人によって違う

ふるさと納税とは簡単に言うと、実質自己負担額2000円で税金の控除が受けられるというものです。例えば、ある自治体に20000円ふるさと納税したとします。このような場合、20000円から2000円を引いた18000円が翌年の税額から控除されます。ここまでだと損するような気もしますが、ふるさと納税が人気なのはふるさと納税をした自治体から返礼品が送られてくるという点です。20000円寄付した場合だと、自治体や返礼品にもよりますがおおよそ10000円前後相当の返礼品が送られてきます。ですが注意しなくてはいけない点もあります。それは、上限無くふるさと納税をできるわけではなく、控除を受けられる額には上限があるという点です。上限額はその人の年間の所得額によって変わってきます。また扶養の有無やワンストップ特例を利用するかしないかなども関わってきます。少し複雑そうに聞こえると思いますが、ふるさと納税ポータルサイトやインターネット上に控除額計算ツールと呼ばれるものがあり、必要事項を入力するだけで納税可能額が簡単にわかるものがありますので、そちらを参考にすると良いです。より正確な納税可能額が知りたい場合は、ご自身の住民票のある自治体の税の係に問い合わせをするのが一番確実です。ふるさと納税は日本の税金の中で唯一使い道を納税者が決められる税金です。返礼品の損得もですが、思い入れのある自治体や、賛同できる取り組みを行っている自治体に寄付すると良いでしょう。